経営危機に直面しているシャープだが、改めてシャープの技術力を考える というnikkei BPnetの記事がある。
読んでみると、シャープという会社の技術力の高さを改めて知ることができる。

シャープの社名は、お馴染みの文房具であるシャープペンシルが由来である。
元は早川電機工業といった。そしてシャープを世界的な企業に押し上げたのが液晶の技術だった。

液晶パネルは、テレビはもちろんのこと携帯電話やスマートフォンのディスプレイに使われている。一時は液晶で確固たる地位を築いたシャープだが、液晶以外にも、お掃除ロボットの「ココロボ」や「プラズマクラスター加湿空気清浄機」などの評価の高い商品を世に出している。

ここで廃れては日本の電機メーカーとしては恥である。
是非とも頑張ってほしい!
そういうと我が家のテレビはシャープの亀山モデルだ!

いつかはシャープの復活が見られることを信じている。