入社早々の転職を繰り返すとだんだん再就職が難しくなる

入社していくらも経たないのに、会社を辞めたい、というケースがわりと多いんです。
いろんな理由があるし、新入社員研修の初日に逃げ出したというのもあります。
3日もてば3ヶ月つづく、3ヶ月もてば3年つづく、なんてずいぶん以前に言われたことがありますが、そんなことは無いように思います。

会社を辞めたいと思ったときには、その会社の悪いところばかりを見てしまいますが、ひとつぐらい良いところが無いでしょうか?
良いとまでは言わなくても、少なくとも悪くは無いという面です。
探して見て下さい、少し時間をかけて・・・・・そうしてまったく無ければ、辞めるのも仕方が無い事かもしれません。

早期退職の履歴は再就職に不利になるか

入社早々に会社を辞めることは、再就職にあたって大変なマイナスポイントになります。
例えば、2ヶ月で辞めた、3ヶ月で辞めたという事実だけが注目され、その理由にはあまり関心がいかないものです。

理由を一生懸命述べたところで、しょせん言い訳としか受け取ってもらえないからです。ビジネスの社会では、言い訳は通用しません。どんな時もそうです。
すべて、結果で判断されます。

入社早々で転職を考える場合には、その覚悟だけはしっかり持っておいた方がいいと思います。
簡単には再就職できません!

このように書くと、すごく先行きが暗くなってきますが、次の就職をみつけるに当たっては、よ~く会社や仕事の内容を把握した上で、応募しましょう。
時間はかかります、というよりは時間をかけた方がいいのだと思います。
そうして、次の就職先では3年は務めましょう。そうすると、以前の入社早々に退職した事実はあまり問われなくなります。

私以前、3日目で辞めた会社があります。
辞めた理由?・・・・・いい訳になるから書きたくないのですが・・・・
本部長という肩書きの人(社長の弟)があまりにもズサンな仕事をしているので、つい言っちゃったんです!
『なにが本部長ダ~!! もうちょっとマトモな仕事が出来ないのか!』と、怒鳴りつけてしまいました。
これでは、もういられません!!
さすがにこの事は、恥ずかしくて履歴書に書いたことはありません。
このような会社・・・地方都市の小さな会社には多いようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする