ミスマッチを防ぐには求人方法と入社後の教育体制

就職に係わる問題点のひとつに職業・職場のミスマッチという点があります。なぜミスマッチが起こるのか、応募する側と求人をする側ともにミスマッチにつながるポイントがありそうです。
応募する人にはいろんな不安がありますが、顕在化はしていないけれど、ミスマッチに対する不安というのも大きな要素としてありそうです。

不安感があるだけで、応募に二の足を踏むという人も少なからずいると思います。
ミスマッチを出来るだけ防ぐという企業側の仕組みが必要に思います。

求人側の情報が正しく求職者には伝わらない

企業が求人をする場合、求人情報誌・求人サイトやハローワークなどに、フォーマットとしてまとめられている求人票に必要事項を入力します。
求人票に書かれた内容を求職者は読んで、仕事の内容や待遇などの労働条件を確認するわけですが、求職者が認識する内容と実際のものとにくい違いがある・・・そんな点が、ミスマッチが生まれるひとつの原因になっているようです。

くい違いが起る要素としては

  • 残業代が出ない
  • 歩合給が多く基本給が少ない
  • 休みが不定
  • 休日出勤が多い

といった労働条件に関わることが多いのですが、仕事の内容に対する認識が違っていたということが大きな原因になるようです。

  • 求人票の限られたスペースで、仕事の内容をどこまで分かりやすく伝えられるのか?
  • そもそも文章だけで仕事の内容を伝えることができるのか?

就職活動中や面接試験などを通して、会社の説明を受ける機会はありますが、そこでかなりの理解力をもって入社試験に臨む人は限られるでしょう。
ミスマッチは避けて通れないことなのかも知れません。

ミスマッチが避けて通れないのであれば、入社後にミスマッチによって離職することを防ぐ対策は取れそうです。

マンツーマンによる教育・相談係

新入社員に対して、2~3年ほどの先輩社員を教育・相談係として一定期間張り付ける制度で、離職率を大幅に下げることに成功した企業があります。

教育を受ける新入社員は

困ったことがあると、思わず先輩を探す。忙しいなかでも手を止めて話を聞いてくれるのがうれしい

出典:【わが社の掟】「入社3年以内の離職率50%」を改善、『カネテツ』流の教育とは

と言っているそうですが、この制度を採用しているカネテツデリカフーズ株式会社では、かつては新入社員の半分が3年以内に離職するということがあり、離職率の低減は大きな課題だったそうです。

この制度を採り入れるようになり、入社後半年もすると新入社員は完全に会社になじむようになり、その後は離職率が数%という状態に改善されと言います。

ミスマッチは企業側の努力で改善できるという証明です。

会員登録して未公開求人情報を見る

既卒・第二新卒専門の正社員就職支援サイト。
いい就職プラザ(東京・大阪・名古屋・横浜)では気になる企業の正確な情報をお伝えして、疑問や不安にお答えしています。
随時開催している会社研究セミナーやスキルアップセミナーも好評です。
》》》日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」
非公開求人情報が約100,000件、転職支援サイトで№1の成功実績を持つ、リクルートエージェントが転職活動をしっかりサポートします。
全国にあるたくさんの拠点で、日・祝日も含めて毎日夜8時以降も相談可能です。
登録後にすぐ使える“専用ページ”はどこからでもアクセスできます。
》》》【リクルートエージェント】
転職した人、誰もが利用した「DODA(デューダ)
10万件以上の求人情報のうち約8万件が非公開求人です。
能力のある人財に来てほしいからこそ非公開にしている理由があります。
》》》転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?
マイナビが運営する20代専門の転職支援サービスサイト。
対象となるユーザーを絞ることにより、ニーズに合ったサポートを可能にしています。
特に20代は社会経験がまだ浅く、将来に向けたキャリアプランを同時に立てる必要があり、30代以降の転職とは異なるサポートが求められます。
》》》マイナビジョブ20'S

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする